クレンジングの洗浄力を比較してみる - クレンジングでエイジングケア

クレンジングの洗浄力を比較してみる

クレンジングには様々な種類があり、それぞれ特徴が異なります。
そのためその特徴を比較して、自分の肌に合ったものを選ぶことが重要です。そのひとつが洗浄力です。
クレンジングはメイクを落とすためのものですから、その洗浄力はある程度のものが求められると考えられます。

ただしあまりにも洗浄力が高すぎる場合には、肌への負担となり肌トラブルの原因になってしまう恐れもあります。


様々な種類を比較してみると、最も洗浄力が高い種類としてはオイルタイプのクレンジングが挙げられます。

クレンジングの比較についての情報ならこのサイトです。

これはメイクは油性であり、同じオイル、すなわち油性のものを使用することで、よりメイクとの馴染みが良いためです。



反対に洗浄力が比較的、弱目な種類としてはミルクやクリームタイプがその候補です。



ミルクやクリームは、保湿成分として油性成分が配合されていることが多いためであり、またそのテクスチャーの性質上、メイクに対しての馴染みがオイルタイプほどは優れていないと言うのがその理由です。

ちなみにゲルタイプの場合は、油性のものであればオイルタイプと同程度の洗浄力があると言われていますし、水溶性のタイプであればその洗浄力は肌にやさしいレベルだと言われています。

このような特徴を踏まえた上で、ではどのクレンジングを利用するのが望ましいかと言うと、まずひとつはデイリーメイク、それほど濃くない日常使いのメイクの場合は、ゲルやミルク、クリームタイプが望ましいと考えられます。乾燥が気になる、できるだけ肌負担が少ないものをと言う人も、これらのタイプを利用するのが望ましいです。

そしてその上で、特別に濃いメイクをした時や、ウォータープルーフのアイメイクなどを落とす時だけはオイルタイプを利用するようにすると、メイクを落としつつ肌への負担を避けることができます。